EXITEXIT

EXITEXIT

スクリプトを終了する
EXITEXIT [終了コード]

スクリプトを終了させる

BREAKcontinueEXITなど、処理をとめたり、最初に戻したり、終わらせたりする制御文を説明しました。
このEXITEXITはスクリプト自体を終了させてしまいます。

//たとえループ中でも終了
FOR A = 0 TO 10
 PRINT A
 IF A = 2 THEN EXITEXIT
NEXT
//スクリプト終了のため、ここまでは到達しない
MSGBOX("HELLO")

タグ

2012年7月31日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:構文・制御文

EXIT

EXIT

関数を終了する
EXIT

自作関数を途中で終了する場合

ループを途中で終了するにはBREAKを使いますが
自作関数を途中で終了する場合はEXITを使います。

//自作関数HELLOはあいさつ文を返す
PRINT HELLO("CN")
//但し、存在しないパラメーターを渡した場合は終了する
FUNCTION HELLO(LANG="EN")
 HELLO = "UNKNOWN"
 SELECT LANG
   CASE "EN"
     HELLO = "Hello"
   CASE "JP"
     HELLO = "こんにちは"
   CASE "FR"
     HELLO = "Bonjour"
   DEFAULT
    EXIT
 SELEND
 //もしEXITがなければ最初に設定されたUNKNOWNが出る。けどもEXITで終了しているため出ない。
 RESULT = HELLO
FEND

再帰的な処理を表現してみよう

例えばある自作関数を宣言し、
その中で、その自作関数を再度呼び出します。
特に条件が無ければ、無限ループのように
ずっと再帰的に処理がされます。
ここで、終了条件とEXITを組み合わせて使い、
自作関数を完成させましょう。
スクリプトは以下のようになります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年7月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:構文・制御文

このページの先頭へ