ファイル書き込み

ファイル書き込み
FPUT( ファイルID, 書込み値, [行, 列] )

引数
・ ファイルID・・・FOPENで取得したファイルID
・書込み値・・・ファイルに書き込む値
・行・・・書込み行(1から指定)、0で行末に追加。
F_ALLTEXTを指定した場合は行ではなくファイルの全内容として書き込む
・列・・・書込み列(1から指定)
カンマ区切りのCSVファイルに対応
F_INSERTを指定した場合は指定行に挿入
※書き込み内容の反映はFCLOSEの実行時

ファイルに値を書き込む

ファイルを開き、値を書き込む
こういった処理はよくありますが、FOPENでのファイルオープンや、
FCLOSEによるファイルクローズと言った手続きを忘れてしまいがちです。
下記はファイルに値を書き込むシンプルなスクリプトの例です。

//C:\temp.txtに日付を記入したファイルを作成
FNAME = "C:\temp.txt"
DOSCMD("echo %DATE% %TIME% > " + FNAME)
//ファイルをオープン
ID = FOPEN(FNAME,F_READ or F_WRITE)

//ミリセカンドまで含めた時間を10回書き込む
FOR A = 1 TO 10
GETTIME()
NOW = G_TIME_YY + "/" + G_TIME_MM + "/" + G_TIME_DD + " " + G_TIME_HH + ":" + G_TIME_NN + ":" + G_TIME_SS + "." + G_TIME_ZZ
FPUT(ID,NOW)
NEXT

//最後にファイルクローズ
FCLOSE(ID)

//中身を確認した後、ファイル自体は削除
DOSCMD("notepad " + FNAME)
DOSCMD("del " + FNAME)

CSVファイルの指定位置に値を書き込む

次にFPUT関数の様々な引数を利用し
CSVファイルの指定位置に情報を書き込んで見ます。
サンプルでは3行のカンマ区切りのファイルの中で、
3行目の4つ目の値を対象にしています。 スクリプトは下記のようになります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年5月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:逆引き関数

FPUT

FPUT関数

ファイルに書き込む
FPUT( ファイルID, 書込み値, [行, 列])

引数
・ ファイルID・・・FOPENで取得したファイルID
・書込み値・・・ファイルに書き込む値
・行・・・書込み行(1から指定)、0で行末に追加。
F_ALLTEXTを指定した場合は行ではなくファイルの全内容として書き込む
・列・・・書込み列(1から指定)
カンマ区切りのCSVファイルに対応
F_INSERTを指定した場合は指定行に挿入
※書き込み内容の反映はFCLOSEの実行時

ファイルに値を書き込む

//C:\myTest.txtにファイルを作成
DOSCMD("echo %DATE%%TIME% > C:\myTest.txt")
//ファイルをオープンして書き込み
ID = FOPEN("C:\myTest.txt",F_READ or F_WRITE)
FPUT(ID,"Hello World")
FCLOSE(ID)
//中身を確認した後、ファイル自体は削除
DOSCMD("notepad C:\myTest.txt")
DOSCMD("del C:\myTest.txt")

このスクリプトで日時が記載されたファイルに
Hello Worldという文言が追加されていることが
確認できます。

CSVファイルの指定位置に値を書き込む

次にFPUT関数の様々な引数を利用し
CSVファイルの指定位置に情報を書き込んで見ます。
サンプルでは3行のカンマ区切りのファイルの中で、
3行目の4つ目の値を対象にしています。 スクリプトは下記のようになります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年5月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:関数一覧

このページの先頭へ