GETCTLHND

GETCTLHND関数

オブジェクトのハンドルを取得する
戻値 = GETCTLHND(ID, アイテム名, [番号] )

引数

ID・・・Windowを識別するID
アイテム名・・・ボタン類のキャプション文字、オブジェクトのクラス名
番号・・・ 同名アイテムがある場合に番号指定

戻値

ハンドル値
・GETCTLHND(ID,GET_MENU_HND)とするとメニューハンドルを返す
・GETCTLHND(ID,GET_SYSMENU_HND)とするとシステムメニューハンドルを返す


メモ帳のメニューのハンドル値を取得する

ID   = EXEC("notepad")
HNDL = GETCTLHND(ID,GET_MENU_HND)
MSGBOX(HNDL)

タグ

2012年4月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:関数一覧

このページの先頭へ