指定したディレクトリのファイル名を取得する

ファイル名の取得
戻値 =GETDIR( ディレクトリ, [ファイル指定, 不可視ファイルフラグ, 取得順番] )
引数
ディレクトリ
ファイル名の取得のディレクトリ
ファイル指定
ワイルドカード(*, ?) によるファイル名指定
“\” を指定するとディレクトリ名の取得
不可視ファイルフラグ
TRUE:不可視ファイルも含める、 FALSE:含めない(デフォルト)
取得順番
ファイルの並びを指定する
  • 0:ファイル名順(デフォルト)
  • 1:サイズ順
  • 2:作成日
  • 3:更新日
  • 4:アクセス日
戻値
ゲットした数を返す
取得した情報は配列変数の GETDIR_FILES[ ] に格納される (配列はゼロから)

使い方

GETDIR サンプルスクリプトに関しては、リンクよりご確認ください。
GETDIRはプログラムを組む際に予測のつかないファイルが特定のディレクトリに投げ込まれるような場合に役立ちます。

例えば、WEBサイトをクロールして画像ファイルを取得してくるプログラムを組んだ場合、取得してきたデータをリスト化するといったことが考えられます。

その他では、戻値でファイル数を取得できることを利用して、一定数のログファイルが溜まったら古いものから削除するプログラムのファイル数の判定に使うことができます。

タグ

2012年5月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:逆引き関数

GETDIR

GETDIR関数

ファイル名を取得する
戻値 = GETDIR(ディレクトリ, [ファイル指定, 不可視ファイルフラグ, 取得順番])

引数
・ディレクトリ・・・ファイル名を取得するディレクトリ
・ファイル指定・・・ワイルドカード(*, ?) によるファイル名指定、”\”を指定するとディレクトリ名を取得
・不可視ファイルフラグ・・・TRUE:不可視ファイル含める、FALSE:含めない(デフォルト)
・取得順番・・・ソート
0:ファイル名(UNICODE順:デフォルト)
1:サイズ
2:作成日
3:更新日
4:アクセス日
5:ファイル名(ロケール指定順)
戻値
・取得した数を返す ・取得した情報は配列変数のGETDIR_FILES[]に格納される(配列はゼロから)

任意の位置のファイル数を取得する

PATH = INPUT("取得するディレクトリを入力して下さい","C:\")
NUM = GETDIR(PATH)
MSGBOX(PATH + "のファイル数:" + NUM)

上記のスクリプトでファイル数は取得できますが、
実際にはファイル名を利用する機会の方が多そうです。
GETDIR_FILES配列に取得された情報を表示してみましょう。
スクリプトは下記の通りです。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年5月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:関数一覧

このページの先頭へ