タグ内のタグにアクセスする

タグ内のタグにアクセスする


obj = IE.document.getElementByIdなどでオブジェクトを取得
obj= obj.getElementsByTagName

タグの中にあるタグの情報にアクセスする

HTMLのタグは、タグの中にタグを記述することができます。例えば以下のような構造だとします。[Webページはこちら]

<div id="MainText">
 <p>Hello Boys</p>
 <p>And how's going Girls</p>
 <p>My name is Andy. Nice to meet you.</p>
</div>

上記はタグの中にタグがある「入れ子」という構造になっています。getElementsByTagNameでpを取得することもできますが、
まずはdiv(MainText)から取得して、その子であるpを取得する手法を説明します。

IE = CREATEOLEOBJ("InternetExplorer.Application")
IE.visible = True
IE.navigate("http://canal22.org/sample0016/")
REPEAT
  SLEEP(0.1)
UNTIL !IE.busy AND IE.readyState = 4

obj  = IE.document.getElementByID("MainText")
objP = obj.getElementsByTagName("p")

FOR A = 0 TO (objP.length - 1)
  PRINT (A+1) + "番目のp:" + objP.item(A).innerText
NEXT

親子のタグが複数ある場合でも大丈夫

最初から親のタグとその中にある子タグが分かっている場合は、範囲を限定しながら取得することができます

先ほどのサンプルでは、アクセスしたページの最初のdiv要素しか取得していません。
全てのdivタグの中にあるpを取得するプログラムは下記のようになります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年2月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:UWSCとInternetExplorer

GETOLEITEMを使わずitemで指定して要素を操作する

GETOLEITEMを使わずitemで指定して要素を操作する


obj = IE.document.getElementsByTagName(タグ名)
obj.item(N)

itemで要素を指定する

以下の様な構造のWebページにあるh4の要素を取得する場合、
GETOLEITEMを使わず、itemで番号を指定する方法も利用可能です。

<h1>Hello H1</h1>
<div id="mainCentric">
<h4>Yes! This is a pen.</h4>
<h4>No! No! No! This is not a pencil.</h4>
<p>Get some objects!</p>
<p>Then you go home!</p>
</div>

lengthで要素の数を取得できますので、itemで1つ1つ番号を指定することができます

IE = CREATEOLEOBJ("InternetExplorer.Application")
IE.visible = True
IE.navigate("http://canal22.org/sample0013/")
REPEAT
  SLEEP(0.1)
UNTIL !IE.busy AND IE.readyState = 4

h4Tag = IE.document.getElementsByTagName("h4")
FOR A = 0 TO (h4Tag.length - 1)
 PRINT h4Tag.item(A).innerText
NEXT

指定した要素はinnerText、innerHTMLどちらも使えますし、値の変更も可能です。

下記のスクリプトで、要素を取得して視覚的に分かりやすくログ出力した上で
取得後の要素を書き換えています。
以下のような書き方になります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年2月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:UWSCとInternetExplorer

指定したタグの中を変更する

指定したタグの中を変更する


obj = IE.document.getElementsByTagName(タグ)
obj.innerText = 新しいテキスト
obj.innerHTML = 新しいHTML

指定したタグの中を変更する

同じく以下の様な構造のWebページがあります。

<h1>Hello H1</h1>
<div id="mainCentric">
<h4>Yes! This is a pen.</h4>
<h4>No! No! No! This is not a pencil.</h4>
<p>Get some objects!</p>
<p>Then you go home!</p>
</div>

getElementsByTagNameで指定したタグを取得し、中を変更します。

IE = CREATEOLEOBJ("InternetExplorer.Application")
IE.visible = True
IE.navigate("http://canal22.org/sample0013/")
REPEAT
  SLEEP(0.1)
UNTIL !IE.busy AND IE.readyState = 4

h4Tag = IE.document.getElementsByTagName("h4")
FOR A = 0 TO (GETOLEITEM(h4Tag)-1)
 ALL_OLE_ITEM[A].innerText = "書き換えました。"
NEXT

innerHTMLで新たなタグを挿入

innerHTMLにタグを指定した文字列をセットすることも可能です。
スクリプトは以下のようになります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年2月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:UWSCとInternetExplorer

指定したタグの中身を取得する

指定したタグの中身を取得する


obj = IE.document.getElementsByTagName(タグ名)
GETOLEITEM(obj)
ALL_OLE_ITEM[N].innertHTML
ALL_OLE_ITEM[N].innertText obj.length

指定したタグの中身を取得する

以下の様な構造のWebページがありますのでh4タグの中身を取得してみましょう

<h1>Hello H1</h1>
<div id="mainCentric">
<h4>Yes! This is a pen.</h4>
<h4>No! No! No! This is not a pencil.</h4>
<p>Get some objects!</p>
<p>Then you go home!</p>
</div>

HTMLで取得する場合はinnerHTML、中のテキストを取得する場合はInnerTextを使います。
getElementsByTagNameで取得したオブジェクトをGETOLEITEM関数に渡す処理を行います。

IE = CREATEOLEOBJ("InternetExplorer.Application")
IE.visible = True
IE.navigate("http://canal22.org/sample0013/")
REPEAT
  SLEEP(0.1)
UNTIL !IE.busy AND IE.readyState = 4

pTag = IE.document.getElementsByTagName("h4")

GETOLEITEM(pTag)
PRINT ALL_OLE_ITEM[0].innerText

GETOLEITEMを実行すると、取得したオブジェクトの中がALL_OLE_ITEMに移されますので、ALL_OLE_ITEMを操作します
上のスクリプトではALL_OLE_ITEMの1番目(=0)のオブジェクトのinnerTextを取得しています。

pタグの中身を取得する

次のスクリプトでは、pタグを取得し、全ての中身を書き出しています。
GETOLEITEMを実行することにより要素数を取得できますので、順番にinnertTextやinnertHTMLで取得していきます。
スクリプトは下記のようになります。(見て分かりやすい様にハイフン、改行を施しています)

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年1月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:UWSCとInternetExplorer

指定したタグの数を取得する

指定したタグの数を取得する


obj = IE.document.getElementsByTagName(タグ名)
obj.length

指定したタグの数を取得する

例えば以下の様な構造のWebページがあったとします。h1、h4、div、pで構成されています。

<h1>Hello H1</h1>
<div id="mainCentric">
<h4>Yes! This is a pen.</h4>
<h4>No! No! No! This is not a pencil.</h4>
<p>Get some objects!</p>
<p>Then you go home!</p>
</div>

getElementsByTagNameでタグ名を指定することで該当のオブジェクトを取得できますので、それに対してlengthを実行することでタグ数が分かります。

IE = CREATEOLEOBJ("InternetExplorer.Application")
IE.visible = True
IE.navigate("http://canal22.org/sample0013/")
REPEAT
  SLEEP(0.1)
UNTIL !IE.busy AND IE.readyState = 4

pTag = IE.document.getElementsByTagName("h4")
PRINT pTag.length

pタグの数を取得する

上記のサンプルではh4タグは2箇所出てきますので、結果は「2」となります。

次にpタグの要素数を調べてみましょう。
pタグは最初にお見せしたHTML以外の箇所でも使われているので、多くの数が出るでしょう。
スクリプトは下記のようになります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年1月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:UWSCとInternetExplorer

このページの先頭へ