GETFORMDATA

フォームより値取得
戻値 = GETFORMDATA( Name, [Value])
引数
Name
オブジェクトのName
Value
Nameが共通の場合に Valueを指定する
selectタグにて表示文字ではなく Value値を取得したい場合には FOM_GETVALUE を指定する
戻値
取得の値
(押されたSubmit属性のボタンが指定された場合は一度だけ TRUE(1)を返す)

フォームを使って入力支援をする

sample11のようなWEBフォーム画面へ、
UWSCのフォーム画面(図1)を利用して入力していくスクリプトを作成します。

図1:生成する入力フォーム
UWSC 入力フォーム

考え方は、

UWSCフォーム生成

UWSCフォーム画面から値を取得

ページ指定して、その値を入力する

となります。

スクリプト

// OKBtn ボタンが押されたら各入力値を取得する
ifb CREATEFORM("GETFORMDATA_SCRIPT.html", "GETFORMDATA_SCRIPT", False,, 300, 300, 600, 400) = "OKBtn"
	FRUITS	= GETFORMDATA("Text1")
	ANIMAL	= GETFORMDATA("Radio1")
	SPORTS	= GETFORMDATA("Radio2")
	AGE		= GETFORMDATA("Select1")
else
	print "キャンセル"
endif

IE = CreateOLEObj("InternetExplorer.Application")
IE.Visible = True
IE.Navigate("http://canal22.org/sample11/")
BusyWait(IE)
IESetData(IE,FRUITS,"fruits")
IESetData(IE,ANIMAL,"animal")
IESetData(IE,SPORTS,"sports")
IESetData(IE,AGE,"age")

print "入力が完了しました"

//------
Procedure BusyWait(ie)
 repeat
	Sleep(0.2)
 until (! ie.busy) and (ie.readyState=4)
Fend

解説

実際に動かした結果は、
下のように(図2)値が入力されるかと思います。

図2:入力結果
GETFORMDATA 入力結果

入力支援に特化するなら、
テキスト入力欄は不要ですが、サンプルになると思い使用しました。

このように入力する項目が限定されている場合などは、
非常に重宝するかと思います。

また、今回は取得データを変数へ格納して、
入力データとして利用しましたが、
取得データをテキストに残すこともスクリプト次第で可能なので、
色々試すとUWSCで出来ることが増えるかと思います。

タグ

2012年8月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:関数一覧

このページの先頭へ