XLSHEET

シートの追加/削除
戻値 = XLSHEET( Excel, Sheet名, [削除フラグ] )
引数
Excel
Excel(またはOOoのCalc)のCOMオブジェクト
Sheet名
追加/削除するシート名
削除フラグ
FALSE: シート追加 (デフォルト)
TRUE: シート削除

※OOoのCalcとは・・・Open Office.org 統合オフィスソフトの表計算ソフトCalcを指しています

戻値
TRUE
正常
FALSE
処理不能

EXCELのシートの追加や削除

この関数はPro版のみ使用可能です。
XLOPENでCOMを生成して、シートを指定して制御が可能になります。

下記のように立ち上げたEXCELファイルにシートを3つ追加、削除してみます。

EXCELシートの追加

EXCELシートを追加した状態

DIM SHEET[2] = "UWSC","KOBA","YASHI"


Excel = XLOPEN(,True) //ファイルオープン

MSGBOX("シートの追加します")

FOR KAISU = 0 TO 2
	SHEETNAME = SHEET[KAISU]
	PRINT SHEETNAME + "追加"
	XLSHEET(Excel,SHEETNAME,FALSE)
	MSGBOX(" OK ")
NEXT

MSGBOX("追加したシートを削除をします")

FOR KAISU = 0 TO 2
	SHEETNAME = SHEET[KAISU]
	PRINT SHEETNAME + "削除"
	XLSHEET(Excel,SHEETNAME,TRUE)
	MSGBOX(" OK ")
NEXT

タグ

2012年10月31日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:関数一覧

XLACTIVATE

Excel シートの選択
戻値 = XLACTIVATE( Excel, Sheet名, [Book名] )
引数
Excel
ExcelのCOMオブジェクト
Sheet名
アクティブにするシート名(順番での指定も可)
Book名
アクティブにするブック名
戻値
TRUE
正常
FALSE
処理不能

EXCELのシートを変更する

この関数はPro版のみ使用可能です。
XLOPENでCOMを生成して、シートを指定して制御が可能になります。

UWSC XLACTIVATE EXCELサンプルファイル

EXCELサンプルファイル

EXCELファイルはこのようなイメージです。
拡大して確認してみてください。
以下のサクリプトで、シートが順次変更していきます。

スクリプト

PATH	= "C:\\TEST.xls"
Excel	= XLOPEN(PATH)
Excel.application.displayalerts = false

MSGBOX("シート名を確認してください<#CR>シートを変更します")

SHEETNAME = "animal"
SS = XLACTIVATE( Excel,SHEETNAME)

IFB SS = 1
	PRINT SHEETNAME
ENDIF

MSGBOX("シート名を確認してください<#CR>シートを変更します")

SHEETNAME = "Sheet1"
SS = XLACTIVATE( Excel,SHEETNAME)

IFB SS = 1
	PRINT SHEETNAME
ENDIF

MSGBOX("シート名を確認してください<#CR>シートを変更します")

SHEETNAME = "Sheet2"
SS = XLACTIVATE( Excel,SHEETNAME)

IFB SS = 1
	PRINT SHEETNAME
ENDIF

MSGBOX("終了します")

タグ

2012年9月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:関数一覧

XLCLOSE

Excel終了
戻値 = XLCLOSE( Excel, [ファイル名] )
引数
Excel
ExcelのCOMオブジェクト
ファイル名
保存するファイル名
ファイル名が付いている場合は省略可
TRUE を指定した場合は保存せずに終了
戻値
TRUE
正常
FALSE
処理不能

この関数はPro版のみ利用可能です。
XLOPENと使うことが多いです。
引数によって、保存タイプが異なるので、
サンプルスクリプトで確認してみましょう。

XLCLOSEの引数による違い

PATH = INPUT("ファイルPATHを入力するか、ドラッグアンドドロップしてください")

Excel	= XLOPEN()
Excel.application.displayalerts = false
MSGBOX("[引数ファイルパス,新規]何か変更を加えてください")
XLCLOSE( Excel,PATH)


Excel	= XLOPEN(PATH)
Excel.application.displayalerts = false
MSGBOX("[引数ナシ]何か変更を加えてください")
XLCLOSE( Excel)

Excel	= XLOPEN(PATH)
Excel.application.displayalerts = false
MSGBOX("[引数ファイルパス]何か変更を加えてください")
XLCLOSE( Excel,PATH)


Excel	= XLOPEN(PATH)
Excel.application.displayalerts = false
MSGBOX("[引数TRUE]何か変更を加えてください")
XLCLOSE( Excel,TRUE)

実際にセル値の変更を加えると違いが分かると思います。
引数の違いよりも、displayalertsの方が価値ある情報かもしれないですね。

タグ

2012年9月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:関数一覧

XLOPEN

Excelの起動
戻値 = XLOPEN( [ファイル名, 新規フラグ, パラメータ, パラメータ, ...] )
引数
ファイル名
読み込むファイル名 (既に起動済みの場合はそれを)
省略された場合: 起動済みのExcelがある場合はそれを、なければ新規
新規フラグ
TRUE を指定した場合は強制的に新規Excel(別インスタンス)を起動
パラメータ
ファイルオープンに対し追加パラメータがある場合に(”password:=1234″, “ReadOnly:= True” 等)
戻値
ExcelのCOMオブジェクト

この関数はPro版のみ利用可能です。
通常版であれば、COMの操作でEXCELを開くことは可能ですが、
Pro版を利用している方なら、HELP情報が充実しているので、
こちらの方が使い勝手が良いでしょう。

よく使うEXCELファイルをセレクトBOXから開く

////////////////////////初期設定▽▽

XLS1_NAME	= "アクセスデータ"
XLS2_NAME	= "成果計上"
XLS3_NAME	= "商品一覧"
XLS4_NAME	= "売上げ"

XLS1_PATH	= "C:\SAMPLE\アクセスデータ.xls"
XLS2_PATH	= "C:\SAMPLE\成果計上.xls"
XLS3_PATH	= "C:\SAMPLE\商品一覧.xls"
XLS4_PATH	= "C:\SAMPLE\売上げ.xls"

////////////////////////初期設定△△

SELECT SLCTBOX(SLCT_BTN, 0, "EXCEL_OPEN", XLS1_NAME, XLS2_NAME, XLS3_NAME, XLS4_NAME)
	CASE SLCT_1
		PATH	= XLS1_PATH
	CASE SLCT_2
		PATH	= XLS2_PATH
	CASE SLCT_3
		PATH	= XLS3_PATH
	CASE SLCT_4
		PATH	= XLS4_PATH
SELEND

Excel	= XLOPEN(PATH)

ごく単純なサンプルですが、
企画ごとにファイルをまとめて管理したい場合には、
なかなか重宝します。
これをひとつ持ってるだけで、
どんな企画でも使いまわせるので、良かったらご利用ください。

タグ

2012年9月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:関数一覧

このページの先頭へ