IEの遷移、履歴操作、ウィンドウを閉じる

IEの遷移履歴やウィンドウを閉じる操作も行えます。
例えばIE.quitと命令するとウィンドウがクローズします

IE = CREATEOLEOBJ("InternetExplorer.Application")
IE.visible = true
IE.navigate("http://canal22.org/sample0005/")
REPEAT
 SLEEP(0.1)
UNTIL !IE.busy AND IE.readystate = 4
MSGBOX("ウィンドウを閉じます")
IE.quit

履歴操作、ホームページ、検索ページ

以下のメソッドを実行することで、履歴を辿れたり
ホームページや、検索ページへの遷移が行えます。
IE.goBack・・・一つ前に戻る
IE.goForward・・・一つ次に進む
IE.goHome・・・ホームページに遷移
IE.goSearch・・・検索ページに遷移
IE.refresh・・・ページのリフレッシュ

実行時のスクリプトは下記の通りです。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年10月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:UWSCとInternetExplorer

このページの先頭へ