数分後に自動でシャットダウンしてくれる簡易なスクリプトを書きたい

数分後に自動でシャットダウンしてくれる簡易なスクリプトを書きたい

30分後にシャットダウンする、1時間後にシャットダウンするというスクリプトをUWSCで作ろうとしています。毎回時間をスクリプトに記入して保存するのが煩雑です。

予定時間、条件を元にPCをシャットダウンしてくれるツール、方法はたくさんあります。
もちろんUWSCにもシャットダウンするためのPOFF(P_POWEROFF)という関数があり利用可能です。

場面としては、長時間のファイルダウンロード、動画変換、その他自動処理中など、長時間PCに張り付いていたくない、だけどもある程度時間がたったらシャットダウンしたいという光景が浮かびます

お悩みの方は毎回、スクリプトに時間を記入しているそうなので、
そこはスクリプトが立ち上がるたびに値入力のウィンドウが出るようにしましょう。
また、単純にSLEEP(指定秒数)とした後にPOFF関数を実行するのも問題ありませんが、 それだと後どのくらい経過すればシャットダウンするかが分からず、少し不親切かもしれません。

SCD = INPUT("何分後にシャットダウンしますか?") * 60
SLEEP(SCD)
POFF(P_POWEROFF)

上のようなスクリプトを少し改善して、
何分後にシャットダウンされるのか可視化してあげましょう。
スクリプトは以下のようになります。

//値を整えて、秒数を取得
MNT = INT( TRIM( INPUT("何分後にシャットダウンしますか?") ) ) 
FOR A = MNT TO 1 STEP -1
 FUKIDASI(MNT + "分後にシャットダウン")
 SLEEP(60)
NEXT
POFF(P_POWEROFF)

タグ

2013年3月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:Q&A

SLEEP

SLEEP関数

処理を待機する
SLEEP(秒)

引数

秒・・・待機する秒数。0.01以上から指定可能


処理を待機する

FUKIDASI("処理を3秒間待機中です",100,100,1,22)
SLEEP(3)
FUKIDASI("3秒間待機しました",100,100,1,22)
SLEEP(3)

経過時間をカウントダウン表示する

FUKIDASI関数と組み合わせ
経過時間をカウントダウン表示する仕組みを
SLEEP関数で実現します。
スクリプトは以下の通りです。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年4月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:関数一覧

このページの先頭へ