IFB

IFB

条件分岐を行う
IF 式 [THEN] (もしくはIFB)
真1
[ELSEIF 式 [THEN] ]
真2
[ELSE]

ENDIF

・式・・・判定条件を入れます
・真1,2・・・判定条件がTrueの時に実施する処理を入れます
・偽・・・判定条件がFalseの時に実施する処理を入れます

条件に一致したらある処理をする

IFB-ELSEIF-ELSE-ENDIFはブロック文の条件分岐を行う場合に使用します。
IFはIFB(ブロックのB)とも表記できます。
IFB、ELSEIFの後のTHENは省略可能です。
THENの後に処理を書くとエラーとなるので、条件判定の文のあとは
改行して下さい。

//TEST変数=1として、その値に応じた処理を実施する
TEST = 1
IFB TEST =2 THEN
PRINT 1
ELSEIF TEST = 3 THEN
PRINT 2
ELSE
PRINT 4
ENDIF

IFBの中にIFBと入れ子にすることも可能ですが、
上記スクリプトのようにインデントされていないのは
可読性の良くないスクリプトです。
キチンとインデントした、スクリプトは以下のようになります。
入れ子のIFBがあってもまぁスッキリですね。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年7月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:構文・制御文

IF

IF

1行での条件分岐を行う
IF 式 THEN 真 [ELSE 偽]

・式・・・判定条件を入れます
・真・・・判定条件がTrueの時に実施する処理を入れます
・偽・・・判定条件がFalseの時に実施する処理を入れます

条件に一致したらある処理をする

IF-THEN-ELSEは1行で条件分岐を行う場合に使用します。
IFの後に判定条件を入力します。
その後のTHEN以降に、判定条件が真の時に行う処理を、
ELSE以降に、偽の時に行う処理を入力します。

//変数TESTに100を代入
TEST = 100
IF TEST > 50 THEN MSGBOX("50より大きい") ELSE MSGBOX("50以下")

上のスクリプトで変数TESTの値を判定条件としています。
TESTが50以上の場合は「50より大きい」というメッセージが出ます。
通常、IF-THEN-ELSEでは真偽それぞれ、1つずつ処理をします。
それ以外はIFB-ELSEIF-ELSEを使います。
どうしてもIF-THEN-ELSEで複数の処理を実行させたい場合は
下記のようにFUNCTIONPROCEDUREでも使いましょう。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年7月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:構文・制御文

このページの先頭へ