スタイルに設定された枠線(border)を操作する

スタイルに設定された枠線(border)を操作する


obj = IE.document.getElementByIdなどでオブジェクトを取得
obj.style.borderColor = “red” //※例 赤に設定
obj.style.borderWidth = “30px” //※例 30pxに設定
obj.style.borderStyle = “dotted” //※例 ドットに設定

スタイルに設定された枠線(border)を操作する

スタイルを設定する」で解説しているように、各オブジェクトのスタイルを取り扱うことができます。
その中で、ここでは、枠線(border)を見てみましょう。

IE = CREATEOLEOBJ("InternetExplorer.Application")
IE.visible = True
IE.navigate("http://canal22.org/sample0018/")
REPEAT
 SLEEP(0.1)
UNTIL !IE.busy AND IE.readyState = 4

obj = IE.document.getElementsByTagName("h4")
FOR A = 0 TO (obj.length - 1)
 PRINT obj.item(A).style.borderColor
 PRINT obj.item(A).style.borderStyle
 PRINT obj.item(A).style.borderWidth
NEXT

解説

上のスクリプトの解説をします。
スクリプトを実行するとアクセスするページには、h4タグが配置されており、
枠線のデザインが指定されています。
このスクリプトはタグをオブジェクトとして取得し、
枠線のスタイルを出力しています。
その他のプロパティについては、CSSのリファレンス一覧などを参照してみてください。

もちろん、値は取得するだけでなく、任意に設定も可能です。
値を設定するスクリプトはこのようになります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2013年4月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:UWSCとInternetExplorer

IE.document.imagesから取得できる画像の情報

IE.document.imagesから画像の情報取得が行えます

ページ内画像数
画像数
IE.document.images.length
画像のオブジェクト(0からの数値を指定)
画像ファイル名
IE.document.images[0].nameProp
画像URL
IE.document.images[0].src
プロトコル
IE.document.images[0].protocol
ページ内タグ位置
IE.document.images[0].sourceIndex
ALT属性
IE.document.images[0].alt
TITLE属性
IE.document.images[0].title
枠線
IE.document.images[0].border
class
IE.document.images[0].class
id
IE.document.images[0].id
name
IE.document.images[0].name
ユニークID
IE.document.images[0].uniqueID
高さ
IE.document.images[0].height
横幅
IE.document.images[0].width
読込完了
IE.document.images[0].complete

というわけで、
具体的にスクリプトを実行させて、結果を見てみましょう。
実行時のイメージ動画は下記の通りです。

IE = CREATEOLEOBJ("InternetExplorer.Application")
IE.visible = True
IE.navigate("http://canal22.org/sample0003/")

REPEAT
 SLEEP(0.1)
UNTIL !IE.busy AND IE.readyState = 4

PRINT "■ページ内画像総数:" + IE.document.images.length
FOR A = 0 TO (IE.document.images.length-1)
 PRINT "  ▼画像" + (A+1)
 PRINT "  画像ファイル名:" + IE.document.images[A].nameProp
 PRINT "  画像URL:" + IE.document.images[A].src
 PRINT "  プロトコル:" + IE.document.images[A].protocol
 PRINT "  ページ内タグ位置:" + IE.document.images[A].sourceIndex
 PRINT "  ALT属性:" + IE.document.images[A].alt
 PRINT "  TITLE属性:" + IE.document.images[A].title
 PRINT "  枠線:" + IE.document.images[A].border
 PRINT "  class:" + IE.document.images[A].className
 PRINT "  id:" + IE.document.images[A].id
 PRINT "  name:" + IE.document.images[A].name
 PRINT "  ユニークID:" + IE.document.images[A].uniqueID
 PRINT "  高さ:" + IE.document.images[A].height
 PRINT "  横幅:" + IE.document.images[A].width
 PRINT "  読込状況:" + IE.document.images[A].complete
 PRINT "  -----"
NEXT

指定画像が出てきたらメッセージを出す

それでは、画像オブジェクトの情報を読み込みながら、条件分岐をして見ましょう。
ページにアクセスしていき、指定画像が出現したらメッセージを出します。
スクリプトは以下の通りです。
実行時のイメージ動画は下記の通りです。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年7月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:UWSCとInternetExplorer

このページの先頭へ