WITH-ENDWITH

WITH-ENDWITH

モジュール、クラス、COMオブジェクトの表記などのドット構文にて指定部分を省略して表記できる
WITH ドット構文共通部
.変数 = < 値>
.関数()
ENDWITH

・ドット構文共通部・・・ドットで区切られた部分の省略したい箇所
・変数・・・ドットを付けて変数を記述することで呼び出し可能
・関数・・・ドットを付けて関数を記述することで呼び出し可能

何度も同じ表記をするのは面倒くさい時に

上級者編で述べているCOMオブジェクトなどはドットで区切られた構文を多様します。
理解が進むと、段々感じてくると思いますが、
記述内容の繰り返しが多く出てきます。
まとめて同じドット以下に処理をしたい場合はWITH-ENDWITHを使いましょう。
以下、簡単な使い方です。

IE = CREATEOLEOBJ("InternetExplorer.Application")
IE.visible = True
IE.navigate("http://www.yahoo.co.jp")
REPEAT
 SLEEP(0.1)
UNTIL !IE.busy AND IE.readyState = 4

WITH IE.document
  .TITLE = "やっほー"
ENDWITH

必要に応じて使おう

上の例ですと、ブラウザがアクセスしたページのタイトルだけ変えています。
こういう場合は大した威力は発揮できませんが、
数が多い場合には是非とも活用して下さい。
次に、MODULE-ENDMODULE、CLASS-ENDCLASSで説明した
サンプルスクリプトを WITH-ENDWITHで呼び出してみましょう。
以下のようになります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年9月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:構文・制御文

このページの先頭へ