ワークシートの追加、ワークシートの選択と名前取得

ワークシートの追加、
および選択と名前取得をする方法を解説します

worksheets.add
worksheets(N).name

ワークシートの追加、選択、名前取得を実行

EXCEL = CREATEOLEOBJ("Excel.Application")
EXCEL.visible = True
EXCEL.workbooks.add()
EXCEL.activeworkbook.worksheets.add()
FOR A = 1 TO Excel.activeworkbook.worksheets.count
 PRINT Excel.activeworkbook.worksheets(A).name
NEXT

上記のスクリプトを実行することで、結果を確認できます。

複数のシートを追加し、シート名を変更する

シートの名前は変更することができます。複数のワークシートを処理する以下のスクリプトを見てみましょう。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年10月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:UWSCとExcel

既存Excelファイルのオープン(workbooks.open)

Excelファイルが存在する場合に、
そのファイルをオープンする方法を解説します。

workbooks.open
EXCEL.workbooks.open(ファイル)

workbooks.open()

Excelファイルをオープンする

例えばデスクトップにいくつかのExcelファイルが並んでいるとしましょう。

その中の一つ(yes.xls)をオープンします。

EXCEL = CREATEOLEOBJ("Excel.Application")
EXCEL.visible = True
EXCEL.workbooks.open("C:\Users\root\Desktop\yes.xls")

上記のスクリプトを実行することで、結果を確認できます。

複数ファイルをオープンする

openを連続してみましょう。

デスクトップに3ファイル(yes.xls、no.xls、unknown.xls)が並んでいる場合
スクリプトは以下になります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年10月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:UWSCとExcel

ワークブックの追加(workbooks.add)

ExcelのCOMオブジェクトを作成し、
ワークブックを追加します

workbooks.addメソッド
EXCEL.workbooks.add()

workbooks.add()

EXCELにワークブックを追加する

EXCELにワークブックを追加しましょう。
特に指定、設定をしていなければBook1という名前のワークブックが追加され
3枚のワークシート「Sheet1、Sheet2、Sheet3」が付属しているはずです。

EXCEL = CREATEOLEOBJ("Excel.Application")
EXCEL.visible = True
EXCEL.workbooks.add()

上記のスクリプトを実行することで、結果を確認できます。

workbooks.addを複数実行するとどうなるか

workbooks.add()を連続してみましょう。 スクリプトは以下になります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年7月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:UWSCとExcel

このページの先頭へ